お知らせ

應聖寺の最新情報をお知らせいたします。

11月4日(水)
沙羅の紅葉が見頃です。

沙羅の葉の紅葉が見頃となっています。
沙羅の花は寿命が短いことが有名ですが、葉も紅く色づく季節は他の木々より早く、そして短いのです。

花だけでなく、葉も我々の目を楽しませてくれる植物というのは、本当に素晴らしいものですね。


他の木々の紅葉はこれから。
今年も應聖寺の秋が深まります。

お知らせ①写真




10月9日(金)
雨の日の應聖寺


『百日紅(サルスベリ)』もそろそろ見頃が終わり、秋が近づいてきました。
まだまだおでかけし辛い世の中ではありますが、少しでも季節の美しさを感じていただければ幸いです。

お知らせ①写真



8月11日(火)
カノコユリが見頃です。

カノコユリが今年も咲きました。
カノコユリは日本が原産の花。
綺麗なピンクのグラデーションが特徴です。
花被の内側が鹿の子模様であることが名前の由来です。
カノコユリの花ことばは「荘厳 慈悲深さ 富と誇り 飾らない美 上品」など。
花ことばのように美しい花を咲かせています。

お知らせ①写真




6月23日(火)
沙羅の花が見頃です。

沙羅の花がいよいよ見頃です。
儚く白い綺麗な花を咲かせます。

應聖寺は「沙羅の寺」ともいわれるほどです。
樹齢300年を超す沙羅の大木がありましたが、まさに諸行無常の理の通り、平成8年、樹命を終えました。

現在では、その大木の子供、孫にあたる沙羅の木が、大小約200本、境内のあちらこちらに成育しています。
沙羅の花の寿命は短く、朝に咲き夕べには散る、たった一日だけの無常の花なのです。

沙羅の花の見ごろはすぐに終わってしまいます。
外出できない時こそ、綺麗な沙羅の花を是非、こちらでご覧ください。

お知らせ①写真


6月10日(水)
今年も沙羅の花の季節がやってきます。

今年も沙羅の花がちらほらと咲きはじめました。
例年6月下旬が見頃となります。
まだまだ外出がし辛い世の中、
写真は昨年の沙羅の花になりますが、少しでも應聖寺の沙羅の花の魅力が伝われば幸いです。

お知らせ①写真


4月8日(水)
サクラ・シャクナゲが満開です。

サクラ、シャクナゲが見頃を迎えています。
満開となった春の花々。
春を告げるその姿に毎年感動します。
なかなか外に出辛い世の中になってはいますが、應聖寺に咲く花を少しでも感じていただきたく、写真を掲載致します。

お知らせ①写真



4月6日(月)
シャクナゲの季節です。

春を告げる花としても有名なシャクナゲがもうすぐ花を咲かせるようです。
今年は例年よりも早い開花となりそうです。

シダレザクラももうすぐといったところ。

應聖寺は花の寺としても親しまれています。
是非お写真を撮りにお越しくださいね。

カンヒザクラ


4月3日(金)
桜が見頃を迎えています。

今年も應聖寺に桜が咲きました。
ソメイヨシノやシダレザクラなど、美しい花々をご覧いただけます。

この時期、毎年多くの方が桜を観に来られます。
皆さんもぜひお越しください。

カンヒザクラ


寒緋桜(カンヒザクラ)が咲いています。

春先の綺麗な花、寒緋桜・カンヒザクラ(ヒカン(緋寒)ザクラとも言います。)が咲いています。 釣鐘状で濃いピンク色の花が特徴です。 メジロ、ヤマガラなど春の鳥のさえずりも聞こえてきます。

ソメイヨシノやシダレザクラはもう少し。春の陽気を楽しみましょう。

カンヒザクラ


節分採灯大護摩鬼舞法要
「護摩焚き」に沢山参拝くださり、
ありがとうございました。

2020年2月2日(日)、令和最初の節分採灯大護摩鬼舞法要を執り行いました。
應聖寺の冬の風物詩。
今年も沢山の方々に参拝いただき、ありがとうございました。
春までもう少しです。

だるまの写真


厄除け・特別祈願

いよいよ厄除け・特別祈願の日が近づいてきました。
2月2日(日)は、皆様是非應聖寺にお越しください。

だるまの写真


節分採灯大護摩鬼舞法要のお知らせ
2月2日(日)
厄除け・特別祈願を行います。

2020年2月2日(日)、節分採灯大護摩鬼舞法要を執り行います。

毎年、多くの方にご参拝いただいております。
どうぞ皆様、應聖寺へお越しくださいませ。

お知らせ①写真


例年の護摩の様子


節分採灯大護摩鬼舞法要を行います。

今年も節分採灯大護摩鬼舞法要を執り行います。採灯・大護摩・鬼舞が行われるこの法要は、昭和54年の祈願堂落慶の年から休むことなく毎年厳修されています。
詳細は後日お知らせいたします。

2020年も應聖寺をどうぞ宜しくお願い致します。

お知らせ①写真


秋深まる
應聖寺の鮮やかな紅葉の様子

先日開催しましたお茶会ではたくさんの方にお越しいただきました。
この場を借りて御礼申し上げます。

今年も應聖寺は見事な紅葉になりました。
色づく木々は燃えるように赤く、秋の深まりを感じさせます。

毎年紅葉の時期には多くの方にお越しいただき、楽しんで頂いております。

今年も残すところあと1か月となりました。
皆様今年はどのような年でしたでしょうか。

お知らせ①写真


紅葉の様子


お茶会
應聖寺茶室「不動庵」 秋季特別公開のお知らせ。

今年も茶室「不動庵」にて深まり行く秋の一日をお楽しみいただけるよう、お茶会を開催いたします。
日時:11月3日(日)10時~15時。(特別席のみ)
12月1日(日)10時~15時。(薄茶席のみ)

◆特別席…¥4,000(濃茶・薄茶・点心)5席各7名。
9時半、10時半、11時半、12時半、13時半席入り。
※事前に電話予約をお願い致します。

◆薄茶席…¥500円
薄茶席は予約不要です。当日事務所受付で承ります。

両日とも、受付時に「県指定 名勝應聖寺庭園」の拝観券を併せてお渡しします。ご鑑賞下さい。

お知らせ①写真


お茶会の様子


8月16日(金)
サルスベリが見頃です。

サルスベリが見頃を迎えています。
別名「百日紅(ヒャクジツコウ)」の名のとおり、初夏から秋までの長い期間、綺麗なピンク色の花を咲かせます。
まだまだ見頃ですので、是非お越しください。

お知らせ①写真


8月6日(火)
カノコユリが見頃です。

カノコユリが見頃を迎えています。
綺麗なピンクのグラデーションが特徴です。
カノコユリの花ことばは「荘厳 慈悲深さ 富と誇り 飾らない美 上品」など。
花ことばのように美しい花を咲かせています。

お知らせ①写真


7月2日(火)
まもなく沙羅の花の見頃が終わり。

沙羅の花がもう間もなく見頃を終えます。
苔むした地面に落花するその姿は、美しくはかなく、無常をさそいます。

今年も沙羅の季節にたくさんの方々にお越しいただきました。沙羅の木も喜んでいることでしょう。

また来年も綺麗な白い花を咲かせてくれますように。

お知らせ①写真


6月24日(月)
沙羅の花が見頃です。

沙羅の花がいよいよ見頃です。
すでにたくさんの方がお越しくださっております。

應聖寺は「沙羅の寺」ともいわれるほど。
樹齢300年を超す沙羅の大木がありましたが、まさに諸行無常の理の通り、平成8年、樹命を終えました。

現在では、その大木の子供、孫にあたる沙羅の木が、大小約200本、境内のあちらこちらに成育しています。
沙羅の花の寿命は短く、朝に咲き夕べには散る、たった一日だけの無常の花なのです。

綺麗な沙羅の花を是非、ご覧ください。

お知らせ①写真


6月13日(木)
沙羅の花がもうすぐ見頃です。

今年も沙羅の花が咲きはじめ、もう間もなく見頃を迎えます。綺麗な沙羅の花を是非、ご覧ください。

お知らせ①写真


お茶会
應聖寺茶室「不動庵」
夏季特別公開のお知らせ。

「名勝應聖寺庭園」を望む茶室(不動庵)、並びにその収蔵品の夏季特別公開を致します。
全山の沙羅や名勝庭園のキョウカノコ、シモツケ、ユウゼンギク等の花々が咲き競う頃です。
初夏の一日を茶室(不動庵)にてお過ごし下さい。

又、先代祐庵和尚の17回忌に因み、書院ではゆかりの品を展示致します。

日時:6月22日(土)・23日(日)10時~15時。
この度は特別席はございません。薄茶席のみです。

お知らせ①写真

◆薄茶席…予約不要。¥500円
薄茶席は予約不要です。当日事務所受付で承ります。


5月の花が咲いています。

今年もアヤメやボタン、ナンジャモンジャの花が咲きました。どれも綺麗な色で、思わず見とれてしまいます。應聖寺は花の寺としても親しまれています。四季折々の花が楽しめますので、ぜひお越しください。

ロウバイの写真


もうすぐ花まつり会です。

毎年5月8日は「花まつり」です。
仏教での「花まつり」とは、“お釈迦さまのご生誕をお祝いする日”のことです。
今年ももうすぐです。

ロウバイの写真


4月7日(日)
桜が満開です。

いよいよ桜が満開になりました。
厳しい冬の寒さに耐え、花を咲かす桜の姿には毎年感動させられます。
見頃のピークは過ぎようとしていますが、花びら散る光景もまた美しいので、ぜひ應聖寺にお越しくださいね。

ロウバイの写真


4月3日(水)
桜が咲きました。

今年も應聖寺に桜をはじめ、たくさんの花々が咲き始めました。
毎年多くの方が桜を観に来られます。
皆さんもぜひお越しください。

ロウバイの写真


寒緋桜(カンヒザクラ)が見頃です。

寒緋桜・カンヒザクラ(ヒカン(緋寒)ザクラとも言います。)が咲き始めました!
釣鐘状で濃いピンク色の花が特徴です。ちょうど今週から見頃です。
メジロ、ヤマガラなど春の鳥のさえずりもお楽しみください。

だるま


2月3日は厄除け・特別祈願を行います。

2019年2月3日(日)「節分採灯大護摩鬼舞法要」が行われます。
だるまの片目入れも終わり、後は祈願を行うだけです。
どうぞ皆様、應聖寺へお越しくださいませ。

だるま


1月9日(水)
蝋梅(ロウバイ)が咲き始めました。

新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

さて、今年も可愛らしい花、蝋梅(ロウバイ)が咲き始めました。
これからが見頃となってきますので、皆様是非お越しください。

また、赤く鮮やかな、センリョウも実をつけております。センリョウの他に、ヒャクリョウもありますので、探してみてくださいね。

皆様にとって、今年も良い一年になりますように。

ロウバイの写真


厄除け・特別祈願

2019年2月3日(日)「節分採灯大護摩鬼舞法要」を行います。
厄除け、 厄年の方の特別祈願を受け付けております。
お申し込みは應聖寺事務所までご連絡ください。

だるまの写真


12月3日(月)
紅葉が見頃を迎えています。

應聖寺の紅葉が見頃を迎えています。
今年も色鮮やかな紅葉が境内を彩り、ご参拝される方々にも大変喜んでいただいております。
是非お越しくださいね。

お知らせ①写真


11月22日(木)
木々が色づき始めました。

應聖寺の木々が色付き始めました。
見ごろはまだこれからですが、毎年紅葉シーズンにはたくさんの方がお越しくださいます。
今年の紅葉も綺麗に色づくと思いますので、是非一度ご覧ください。

お知らせ①写真


お茶会
應聖寺茶室「不動庵」
秋季特別公開のお知らせ。

天台宗を開かれた天台大師の御命日(11月24日・霜月会)に合わせて、添え釜を掛けます。
日時:11月24日(土)10時~15時。(薄茶席のみ)
11月25日(日)9時半~15時。(薄茶席・特別席の両方)

お知らせ①写真

◆特別席…¥4,000(濃茶・薄茶・点心)7席各6名。
事前に電話予約をお願い致します。TEL:0790-22-1077

◆薄茶席…¥500円
薄茶席は予約不要です。当日事務所受付で承ります。

両日とも、受付時に「県指定 名勝應聖寺庭園」の拝観権を併せてお渡しします。ご鑑賞下さい。


10月17日(水)
秋の花が見ごろを迎えています。

今年も應聖寺に秋の花が咲きました。
静かで可愛らしい秋の花はこちらからご覧いただけます。

お知らせ①写真


8月31日(金)
應聖寺のWEBサイトを公開しました。

この度、應聖寺のWEBサイトを公開しました。四季折々の花々や、最新情報など、應聖寺の魅力を発信していきますので、是非ご覧ください。

お知らせ①写真


6月21日(木)
沙羅の花が見ごろを迎えました。

6月中旬、今年も沙羅の花が見ごろの季節を迎え、全山200本余りの沙羅が諸行無常の清楚な花を咲かせました。たくさんの方にお越しいただき、ありがとうございました。また来年の沙羅の花も楽しみです。

お知らせ①写真


2月4日(日)
節分採灯大護摩鬼舞法要を執り行いました。

2月4日(日)に節分採灯大護摩鬼舞法要を執り行いました。採灯・大護摩・鬼舞が行われるこの法要は、昭和54年の祈願堂落慶の年から休むことなく毎年厳修されています。

お知らせ①写真