應聖寺について
About OHSYO-JI


應聖寺は山号を妙見山といい、白雉年間(1300余年前)、高僧法道仙人によって開基されました。
鎌倉時代の初め、播磨国は有力御家人の梶原景時、次いで小山氏の所領となり、應聖寺は代々播磨国守護職の祈願所として発展します。
その後、文永2(1265)年仲冬、祐運大徳によって中興され、
さらに、南北朝時代の天正5(1351)年、播磨守護職赤松則祐公の祈願所となり、七堂伽藍を整え再興されました。
その後、江戸時代には、姫路城主のご来駕を仰ぎ、その遺品も伝わる特別な寺格を有する寺院として栄えました。

― 詳しくはこちら

季節の花 季節の花

境内には一年を通して様々な花が咲きます。
サクラやアヤメ、シャクナゲやスイレンなど、その季節ごとに違った彩りと香りを楽しめますので、
花がお好きな方はもちろん、写真好きの方にもたくさんお越しいただいております。

― 詳しくはこちら

應聖寺
OHSYO-JI

住  所 :〒679-2217 兵庫県神崎郡福崎町高岡1912

宗  派 :天台宗

ご 本 尊 :聖観世音菩薩、薬師如来(奥之院)

拝観時間 :9~17時

入 山 料 :200円、
名勝應聖寺庭園(江戸初期・県指定文化財)
庭園拝観料は500円(抹茶、菓子付)

― アクセスについて

寺紋
涅槃の庭 涅槃の庭

当寺は「関西花の寺二十五霊場8番」の花の寺です。
沙羅の花を始めとした季節の花が境内を鮮やかに彩ります。

四季折々、移り行く風景をお楽しみください。